接客業で働く人の為の英会話フレーズ レストラン編

スポンサーリンク
オー打を取る 英会話知識
スポンサーリンク

ここ最近よくレストランを始め、接客業で働く方たちから、こういう時に英語でどう言えばいいですか?と聞かれることが結構あります。

外国人旅行者の件はこの間の記事でも触れましたが、ここ最近外国人旅行者が増えているので、特に接客業に携わる方々は、英語を話さなくてはならない場面が多々あるようですね。でもとっても良い機会だと思います。

今回は飲食店で使う英語フレーズをご紹介します。でもその他の業種でも接客する場面がある場合には使う事も出来ますので、ぜひ参考にして、どんどん使ってみてください。


スポンサーリンク

実は定型フレーズで会話は成立する

英語を話さなくては!と言う気持ちが先走り、なんて言っていいんだろう?と考える事、結構ありますよね?でもレストランなどで、通常使用する英語のフレーズは実は簡単なフレーズで、しかも定型のフレーズなので、覚えてしまえば楽に使えるようになります。

また慣れてくれば、その定型フレーズに、プラスアルファすればいいので、会話が今度は広がっていきます。そんな定型フレーズをご紹介します。


お客さんを迎える時

一番初めにレセプションでお客様を迎える時は、挨拶からスタートです。

Good morning(afternoon, evening), How are you sir(or ma’am)?

これ当たり前なんですが、日本人は恥ずかしがるので意外とホテル以外では挨拶の時に、このように挨拶していない印象を受けます。

なので、単なる挨拶として、Good morningとかの挨拶は必ずした方が好印象です。How are you sir?とかも、なんか「ご機嫌いかがですか?」なんて恥ずかしいな・・・と思うかもですが、これも単なる定型フレーズの挨拶ですので、深い意味はなく、日本語で言うといらっしゃませ!と同じだと考えてください。

その後続いて、予約を受け付けているレストラン、または予約がない場合は以下のような流れでお伺いします。

How many are in your party? (お客様は何名ですか?)
Do you have a reservation? (ご予約はございますか?)

結構固い言い方なので、ホテルとかはこのような感じがいいかもですが、普通の飲食店であれば、もっとカジュアルな言い方でも大丈夫です。

How many are you?/How large is your party?/For how many people?

見た目で二人だけなら、a table for two?とかでも全く問題ありません。

もし喫煙、禁煙分かれているようなら、Would you like smoking ↑or non-smoking?↓と伺います。このA or Bの時は最初は上がって↑、後ろは下がりますので↓、覚えておいてください。両方とも上がることも、下がることもありませn。

もしテーブルが空いている場合は、席に案内しますので、その際はthis way pleaseとかplease follow me, sir/ma’am. (こちらへどうぞ~様)と言う風に言います。

もし席が満席なら、このように言いましょう。

Unfortunately, all tables are full(occupied) now, so could you wait for about 10 minutes?

あいにく今全席が満席でして、約10ほどお待ちいただけますか?10分は30分でも1時間でも、その数字の部分を変えれば使えます。Unfortunately(残念ながら、不幸にも、あいにく)を頭につけて入れると、てても丁寧で好印象です。

席がご用意できたら、Your table is ready. (お席の用意が整いました。)と告げて、先ほどの言葉this way please/Follow me, please.でご案内しましょう。

スポンサーリンク

オーダーを取る際に使う言葉

席について、メニューがテーブルにない場合は、メニューをもって席に伺った際に、Here is Food(drink) menu for youといいながら渡します。

もしその際に今日のおすすめがあれば、Today’s special is… (今日のスペシャルは…です。)とか、本日のスープとかデザートとか日替わりランチは(Today’s Daily soup(dessert)or (Lunch set) is)と変えて使う事も出来ます。

もし初めにお飲み物を伺うようであればCan(Could) I get you something to drink? (何かお飲み物はいかがですか?)とかもっと丁寧に言うなら Would you like something to drink?と言います。こちらのが丁寧な言い方です。

ちなみにWould やCouldを使って聞く場合は一番最後は音が下がりますので、覚えておいてください。Would you something to drink?↓となります。

そしてオーダーを取る際にはカジュアルなレストランであれば、Are you ready to order?とかWhat can I get for you?などを使います。丁寧な言い方であれば、May I take your order?と伺います。

オーダーテイク終了後は、念のためすべてのオーダーをリピートすることはできるだけした方が、あとで頼んでない頼んだ騒動が起きないので、リピートした方がいいです。

Excuse me, may I repeat your order?(ご注文を繰り返してよろしいですか?)

その後にIs that everything for now?以上でよろしいですか?

そしてテーブルを去る際には、必ずThank youと言いましょう。


スポンサーリンク


料理をテーブルに持ってきたら

料理が出来上がって、テーブルへ料理をもって来たら、ホテルだと誰がどの注文をしたのか?は席番号を控えているので、分かると思いますが、普通のレストランだと、オーダー取る人と持ってくる人が別の場合もありますので、誰が頼んでいるのか確認しますよね?

もしトマトパスタを頼んだ方?聞きたいときは Here is Tomato Pasta?と言えばいいだけです。もしくはもっとカジュアルだとWho gets tomato pasta?とも聞いても大丈夫です。

全てを出し終わったら Have you received all your meals?と聞きましょう。

そして席を離れる前には必ずEnjoy your meal!(どうぞお召し上がりください)と一言。ごゆっくりどうぞ!と同じ意味です。食事楽しんで!と言う意味です。

そして食事の最中には、少しでいいので、声をかけましょう。How is everything?(お料理のお味はいかがですか?)とかIs everything all right?(ご満足いただいていますか?)など、聞いてあげると喜びますよ。


スポンサーリンク


テーブルを片付ける時

食事中でも、食べ終わった皿を下げる時にはMay I take your plate?とか、グラスならplateをglassにして下げましょう。単語一言でfinished?と聞くこともできますが、友人とかならともかく、一応お客さんなので、なるべく文でお伺いしましょうね。

全部をかたずける時は、May I clear your table?と伺います。そして下げる時でも、下げた後でも、今度は食後のデザートやドリンクを確認します。

Would you like some dessert or coffee?↓(デザートやコーヒーはいかがですか?)

もしなにか注文があれば、 I will bring dessert menuなど伝えてメニューを持ってきます。

もしなければI will bring the check right now(お勘定をすぐにお持ちします)伝票をもってテーブルに置き、Thank youと言いましょう。

テーブルチェックの場合は、You can pay hereとかpay at your table. キャッシャーでという事であれば、please pay at the cashierと言いましょう。ちなみにキャッシャーと日本語では言いますが、正しい発音は、カタカナで書くと難しいですが「カッシィーヤー」と言う発音になります、キャッシャーではありません。

ここまでみて難しい英語は一つもなく、ほぼ定型文です。このフレーズを覚えるだけで、お迎えからオーダー取り、その後のデザートやコーヒー、会計、お見送りまで完璧。


スポンサーリンク


Thank youと言われたらどう返答するか?

飲食店の従業員の方々によく聞かれるのは、お客さんからThank youと言われたら、なんて返したらいいの?と言われます。

みんなThank youと言われたらYou’re welcomeの意識があるのかもですが、こういう時はとくに深い意味があるときのThank youではないので、You’re welcomeでなく、Thank youと同じように返すだけで大丈夫ですよと伝えています。

Thank youも本当にありがとうという意味と、単にあっありがとうという日本語でも言い方があるのと同じですので、挨拶の様なものです。

You’re welcomeは、何かしてあげて、相手がThank youと言ったら、大したことないですの意味で使います。あとはNo problemと返してもいいです。

ということで、難しく会話を考える必要はないので、Thank youだけで十分です。

またよくあるのが、会計でのことです。海外からのお客さん、特に白人たちは、会計を全部別にしたがるのが特徴です。

なので、もし最初から会計が別にできるのなら、Would you like to pay together or separately?と聞いてしまって、会計伝票は別にしたらいいと思います。

会計時にバラバラされると手間が大変ですので。しかも日本人が後ろに会計で待っていたら、絶対にイライラしているでしょうし(笑)


スポンサーリンク


最後のお見送りの際に使うフレーズ

会計まで終わって、最後にお見送りする際にはありがとうございましたとプラスアルファを言うととてもいいと思います。

Thank you very much. Have a good night/day/trip! ご来店ありがとうございました。おやすみなさい/よい一日を!/良い旅を!とか。

Hope to see you soon!またのご来店をお待ちしています!また来ることがないにしても、また会えるの楽しみにしていますよ!の感覚で言うと、相手も喜びます。

たった一言ですが、付け加えて言われると、必ず笑顔になりますよ!


スポンサーリンク


最後のまとめ

接客だからと、日本人にするように、超丁寧にする必要は、必ずしもなくて(ホテルは別ですが)、要は人と人のコミュニケーションですので、間違えても構わないので、どんどん話しかけることが大事です。

私自身も学生の時に、レストランでバイトをしていて、よく外国人が来ていたので、自分から積極的に言って、家でフレーズ調べて、実際に使っての繰り返しをしていました。

その時のことが今でも記憶に残っていますし、今でも役に立っています。

まずはどんどん話しかけることが、英語の上達の糸口ですし、間違えても日本人なんだから、だれも怒ったり、馬鹿にしたりはしませんので、ガンガン行きましょう。

そこで話す回数が増えれば、英会話に恐れもなくなりますし、スピーキングやリスニングも上がっていきます。

しかも全部タダで英会話習得できるようになるんで、かなりのお得ですよ?(笑)

次回は、お客さんとしてレストランに行った際の使う英語フレーズをご紹介します!

このサラダは自分一人で食べるのに。大きいのか?小さいのか?分からない時にどう聞けばいいのだろうか?とかなどなど、色々な場面を想定して英会話をご紹介します。

何か質問があれば、コメント欄にて質問受け付けます!ご遠慮なく書き込んでくださいね!こんな時はどうなんだろう?とかも平気です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました