筋トレ初心者のマストアイテム トップ5

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレのお供 このアイテムを揃える

筋トレを始めて、プロテインは買った、ジムにも入った、でも何かほかに必要な物はないか?

色々と考えるけども、筋トレ始めたばかりだし、上級者でもないし、何をどうすればいいんだろう?そう考えている方が多いかと思います。

自分もかつては筋トレ初心者。早く筋肉つける為に、何か必要なもの他にあるかな?と思っていた時期がありました。

その時は元ボディービルチャンピオンのトレーナーがいましたので、色々と聞きました。

筋トレをよりスムースに捗るマストアイテムをご紹介します。

今日の記事で、以下の物をご紹介します。

  • グローブ
  • パワーグリップ/リストラップ
  • トレーニングベルト
  • BCAA
  • クレアチン


トレーニンググローブ

筋トレをする上で、上級者たちは、意外にグローブしていないことが多々ありますが、初心者、中級者まではグローブをした方がいいです。

その理由としては

  • トレーニングによるケガを予防できる
  • 手の平のけが防止 マメやケガ
  • また高負荷まで追い込みが可能になる

筋トレ始めたばかりの人は特に、やり方もまだまだ、フォームが完成されておらず、筋肉量も少ない。

でも気合だけは誰にも負けないはずです。そうすると余計な力が手に入り、手首を痛めます。

手首を痛めると、もうこれ筋トレ全般的に何もできなくなります。

そうするとやる気も失せ、ジム通いも出来なくなりますね。

また手で握りこむ種目が多く、鉄のバーやダンベルなどを強く握りこんだ時に、手の平にマメができたりすることが多いです。自身も懸垂やバーベルで、初めはマメができたりしてしまいました。

そうすると次回握りこめなくなるんですね。力が入らなくなる。

そうなる前に筋トレ始めたばかりにすぐに、グローブを買いましょう。

手のひらや手首を保護できるものが理想です。

手の平は思っているよりも、意外に汗をかきます。

そうなると洗える方がいいのかな?と思うでしょうが、グローブで安くて洗えるものは、洗うたびに繊維が傷んで、結局すぐにダメになってしまいます。

初めは安いのでいいや!と思って安いのを買いましたが、やっぱり安物買いの銭失いでした・・・

一番のおすすめは、革でできているもの。頑丈で、長持ちします。

手のひらの部分はクッションが入っているので、握りこんでも痛くありません。

指の部分は出ているので、握った感触もきっちりと感じられるので、いくつか使ったグローブの中では一番良かったです。買って2年半、いまだ使用しているくらいなので、耐久性も抜群です。

ゴールドジムグローブ

GOLD’S GYM レザーグローブ


パワーグリップ/リストラップ

パワーグリップって何?ト言う方の為に簡単にご説明します。

筋トレはダンベルやバーベルの種目のプレス系以外に、プル(引っ張る)系の筋トレがあります。

特に背中を鍛えたりする種目では必ずあります。この時に大概引っ張る種目は、手の握力が落ちてしまったり、腕が疲れてしまったりで、自分が思っている以上に引けなかったりして、ハードに追い込むことができないのです。

そこで必要なのが、このパワーグリップやリストラップです。

パワーグリップは特に手首に装着して、引っ張る系の種目では大活躍します。

また手首に巻くことで、手首のけがの防止にもなり、一石二鳥のグッズです。

そして筋トレでは素手の時より、確実に前腕の関与を抑えて、ターゲットの筋肉を集中させて鍛えることができます。

大げさな!なんて思わず、初心者こそこのアイテムはぜひ利用してほしいと思います。

中でもお薦めは先ほどのグローブ同様、革製ゴールドジムが出しているパワーグリップです。

先ほどお話しした引く系の種目でも、もちろんプレス系の種目のどちらでも使う事ができますし、更に手首に巻くので、手首を固定し保護してくれます。

私自身もずっと使用していますが、特にラットプルダウン(背中のトレーニング)の時にはかなり限界まで追い込むことができています。

(GOLD’S GYM) パワーグリッププロ


少し筋トレに慣れてきたら、パワーグリップから、今度はリストラップ、手首に巻く紐のようなものに変えてみましょう。

前腕も鍛えられて、フォームも良くなってきたら、今度はグリップに頼らずに補助してくれるリストラップがベターです。

もちろんパワーグリップは使い続けても、何ら問題はありませんよ。

ゴールドジム(GOLD’S GYM) リストストラップ G3500


トレーニングベルト

トレーニングベルトってなに?ト思っている方もいると思いますので、効果を簡単にご説明します。

ジムに行くと腹部にベルトのような太いベルトを巻いて筋トレをしている方を見かける事ありませんか?あのベルトが、トレーニングベルト(パワーベルト)です。

このベルトは、パワーグリップやトレーニンググローブと同じく、筋トレ用のアイテムの一つで、パフォーマンスの向上とケガ防止のために使用されます。

トレーニングベルト

ベルトで腹部を締め付けることで、腹圧が高めて、基本的にスクワットやデッドリフトなどの複合種目で重い重量を扱う時に使用します。

皆さんが期待するシックスパックにも、腹圧を高めてやるので、腹筋にもよく効きます。

一番は腰を痛めることを防止する役割がありますので、初心者こそつけてスクワットをしたり、デッドリフトをすることで、重量を上げる際に、腰を痛めないようにできるアイテムです。

恥ずかしくてできないよと言わず、腰をケガするとトレーニング全般に影響が出るだけでなく、なかなか治らない、日常生活に支障ができますので、ぜひ使用してください。

こちらも革製品の方が長持ちしますが、グローブもパワーグリップもそうですが、革はなじむまで若干硬いです。それでも高重量や安全を重視するなら革製にしましょう。

また腰用にパッドがついているもの、ついていないものの2種類ありますが、パッドがついているものが、初心者には安心です。

【筋トレ】ベルトの締め方・Twitter公式アカウント!
ベルトの締め方はこちらで。

製品はこちらもお勧めはゴールドジムのベルトです。結構人気が高く、どこでも売り切りが続出しているようですので、今なら楽天に在庫がまだあるようです。

ベルト

ゴールドジム(GOLD’S GYM) ブラックレザーベルト パッド付


BCAA

BCAAとは何かを先にご説明します。

BCAAとは、運動時の筋肉でエネルギー源となる必須アミノ酸※である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。この3つのアミノ酸は、枝わかれするような分子構造をしているため、BCAA(Branched Chain Amino Acid;分岐鎖アミノ酸)とよばれています。近年では、筋タンパク質中に非常に多く含まれていることから、筋にとって非常に重要なアミノ酸であると、注目を集めています。

大塚製薬のウェブサイトより https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/bcaa/about/

BCAAとは、筋肉のエネルギー源になるものなんです。

じゃこれいつ取るのか?は、筋トレ中はもちろん、普段飲んでいる飲み物の代わりに、これを飲んでいてもいいのです。

筋トレ中は、常に体の中のエネルギーを使用して筋トレしています。勘違いされているのは、その時に使われているのは、脂肪でなくて、筋肉に蓄えられているたんぱく質などが、その筋トレの為のエネルギー源として使われていることなのです。

という事は、筋トレは筋肉の合成と同時に筋肉の分解も進めているという事なんです。

筋トレって難しいですよね、本当。

ですので筋トレ中に飲む、ただの水に、粉上のBCAAを入れて飲めば、筋肉の分解を防止しながら、筋力の合成を促進し、尚且つ筋肉の栄養源となってくれるので、優れた飲み物です。

運動時のBCAA摂取に期待される効果
筋肉
筋タンパク質合成促進
筋タンパク質分解抑制
筋損傷軽減

大塚製薬ウェブサイトより https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/bcaa/about/

通常は粉で売られていますので、この粉を購入し、ペットボトルやドリンク用のボトルに入れて水で溶かし、筋トレ中にのどの渇きをいやしながら、栄養補給をするという形で摂取していきます。

マイプロテインの物が安くて、味も色々あって飲みやすいです。

筋トレしていない時も飲むと、体の疲れも軽減されますよ。

自身も初めに筋トレを教わった際に、トレーナーから、水でもいいけどBCAAを混ぜて、それを飲みながら筋トレする、走るをすると、筋肉の分解が減速されるからと、飲み始めてからずっと飲んでいます。

ジュースや清涼飲料水を飲むなら、こちらを飲んだ方がいいですし、水よりも栄養がありますので、持続力も変わります。

BCAA

BCAA 2:1:1 パウダー


クレアチン

クレアチンとは、アミノ酸の一種で、体内で合成され、大部分がクレアチンリン酸として筋肉に存在しています。

クレアチンの効果や正しい飲み方とは
あなたの筋トレを徹底サポート!

クレアチンは、アミノ酸の一種で、体内で合成され、大部分がクレアチンリン酸として筋肉に存在しています。クレアチンリン酸は、筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)の再生に使用されます。
最大の特徴は、無酸素運動などの強度の高いトレーニング時にも素早くエネルギーを作り出すようサポートしてくれることで、短時間で最大限のパフォーマンスを発揮したいシーンでおすすめです。クレアチンサプリメントは、プロアスリートはもちろんのこと、趣味で運動を楽しんでいる人々にも使われています。安全性については、適切に摂取すれば問題ない事が確認されています。

クレアチンは、およそ95%が骨格筋内、他にも脳や網膜などにも存在して、絶えずエネルギーを作り出しています。
高い瞬発力と高強度(負荷)がかかる場面であればあるほど、筋肉のエネルギーの消費量は多くなりますが、それを上回るクレアチンを体内に備えておくことでより効果が期待できます。

クレアチンに期待できる効果はたくさんあり、身体能力・運動パフォーマンス向上、筋肉量増加、また脳の疲労軽減などさまざまな効果が期待できます。

運動パフォーマンスの向上がその最たるもので、筋肉量の増加をする際に助けとなる成分なのです。

クレアチンなんて初心者は・・・・と思う方も沢山いるとは思いますが、初心者こそ摂取してみると、筋力の増加が見られ、より重い重量が上がるようになります。

重い重量が上がるようになるという事は、筋力、筋肉も更につくという事ですね。

クレアチン摂取のベストタイミングは、食後とトレーニング終了後。

クレアチンは糖質と一緒に摂取が望ましいので、筋トレ後のプロテインと一緒にシェイクして飲むのもおすすめです。

単体だけで飲むと粉っぽく、またなかなか見ずに溶けないので、プロテインと一緒に摂取しましょう。

高いものはいらないので、まずはマイプロテインのクレアチンで十分です。クレアチンは人によっては効果が出ない場合がありますが、ほぼ大半の方には、筋肉の張り具合や筋トレ重量の増加がみられるので、積極的に摂取しましょう。

クレアチン

クレアチン モノハイドレート パウダー


水でまぜろプロテイン

トレーナーに初めに言われたのが、プロテインを水が牛乳でという風にかKれ手いるけど、牛乳で飲むと、膜を張ってしまうので、特にトレーニング後とかにすぐにたんぱく質を摂りたい際には向かないので、牛乳じゃなく、プロテインは水に溶かして飲みましょうと言われました。

自身が牛乳が好きではないので、牛乳でシェイクしないとダメですか?と聞いたところの、答えでした。

牛乳で飲んでも決して悪くはないですが、体がたんぱく質を求めている筋トレ後すぐには、体にすぐにたんぱく質が吸収されるように、水でプロテインをシェイクして、飲みましょうね。

プロテインは前回の記事でも勧めましたが、マイプロテインは味が多数あるので、おススメです。但しはずれの味もあるので、好みもありますが、抹茶や、ピーチティー、チョコ類などが味の評判がいいです。こちらもレポ別途します。

私のおすすめはラッテかブルーベリーです。

ホエイプロテイン

ホエイプロテイン


筋トレマストアイテムのまとめ

というわけで、今回は筋トレでマストなアイテムに関して書いていきました。

たしかに、筋トレを始めたばかりの人には全体的に大袈裟なアイテムに見えるかもしれませんよね。

でも、本当に初心者の方にグローブやパワーグリップ、ベルト、BCAAやクレアチンをぜひ使って欲しいト思います。ケガをしないように、尚且つ効率的に筋肉をつけていって、楽しい筋トレ生活をしてほしいので。

次回は筋トレに炭水化物は敵なのか?などさらに初心者の為に役立つ情報を書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました