全て体験済み 海外就職を紹介してくれるおすすめ3大エージェント

スポンサーリンク
エージェント 海外生活
スポンサーリンク

シンガポールでトータル7年間働いていましたが、その働く前は、海外就職したいけど、自分からどう探すんだろう?と思い悩んでいました。そんな方いませんか?

アメリカに留学した後、すぐにリーマンショックで、アメリカ内で就職することは難しく、アメリカ以外に行きたいと考えた事なかった為、アジア地域に就職できる所があるのか否か?も分かりませんでした。

暗中模索しても、ずっと暗闇でした。どうしていいのか?ネットで探しても、ここは大丈夫だろうか?自分の希望する職種ややりたいことはできるのか?とか迷いながら、なかなか前に進まず、沢山海外就職を斡旋してくれるエージェントは沢山でてきますが、どこを使ったら、自分の希望する職を紹介してくれるんだろ?と迷いますよね。

そんな皆様に、今回私自身が実際にエージェントに実際に会い、使った感想、エージェントの得意分野、対応などをまとめました。

スポンサーリンク

海外就職が得意なエージェントベスト3

今回の記事で、以下の事が理解できます。

  • 海外就職を紹介してくれる安心なエージェント(体験済み)
  • 海外就職に必要な経験と知識
  • 海外就職後のキャリア

読み終わるまで5分程度です、もし海外就職、転職に興味があれば、必ず役に立ちます。



株式会社ジェイエイシーリクルートメント

日本でも長年の実績とネットーワークで、知られていますが、普通のリクルート会社との違いは、圧倒的な海外での支社網にあります。またJAC自体も東証1部上場の企業でもあります。

下記の支社ネットワークを見てください。これほど各国に拠点を構えで網羅しているところは少なく、それぞれの国のローカルの企業と密接につながっているところはなかなかありません。

シンガポール(Singapore), マレーシア(Malaysia), インドネシア(Indonesia), タイ(Thailand), 中国(China), 香港(Hong Kong/Xianggang), 韓国(Korea), インド(India), ベトナム(Vietnam), イギリス(UK)/欧州

そして何よりもこのJACの一番の強みは約25,000社の企業と取引があり、ありとあらゆる業界・職種の企業から多数の求人をキープしています。特に大半がWEBサイトには掲載されていない、載っていない「非公開求人」が多数あり、JACでないと紹介してもらえない独占求人も沢山紹介されています。

実際に利用した感想

JACは日本にもオフィスがありますが、海外の求人は海外支社独自でもっているので、すべてがつながっています。日本のJACで登録後、日本のオフィスに行き、そこでレジュメのチェックや今までのキャリアの総括、語学力や経験など、懇切丁寧に相談に乗っていただけます。その際に行きたい国の話しをすれば、その国の求人をその国に滞在しているエージェントが探してくれて、紹介をしてくれます。

また紹介してくれるだけなら、他のエージェントでもやっていただけますが、その後の応募者の人を企業へプッシュする力も、他のどのエージェントと比べても強かったです。

自分自身が見えていない能力、経験なども分析して伝えてくれることの的確な判断は、やはり海外とのネットワークを長年蓄積されてきた業界のリーディングカンパニーだけあって、素晴らしいものがあります。

会員登録は無料ですし、海外就職を希望する方は、ぜひぜひ登録されル事をお勧めします。登録することで、色々なオファーも来ますよ。

また国内の転職なども企業とのコネクションがありますので、海外向けだけで無い点もお勧めするポイントです。

JAC Recruitment




リーラコーエン(Reeracoen)

日本ではなかなか聞かない名前だと思いますが、こちらもJAC同様海外拠点の充実度では引けを取りません。

海外支社は以下の様にあちこちにあります。

香港HongKong,台湾 Taiwan,タイThailand, インドネシアIndonesia, フィリピン Philippines, ベトナムVietnam, マレーシアMalaysia,  シンガポール Singapore, インドIndia

リーラコーエンは元から海外で2011年にシンガポールでスタートして、アジア全土に進出。全拠点に日本人スタッフを常駐しており、日系クライアントを中心とし人材提案をされています。ローカル出の需要に特に強く、各国のニーズに合わせた人材提供をしているので、情報が潤沢にあります。

大半の求職者は、日本で働いている方が多いので、海外で働くイメージが湧きにくいかと思いますが、現地に常駐しているコンサルタントがその国のイメージを的確にアドバイスしてくれます

実際に利用した感想

2回目のシンガポール渡航は、実はこちらで決めました。日本からこちらにメールにて問い合わせてからすぐに、スカイプで面談をして、それからほどなく数社ご紹介をいただきまして、最終的にこちらで決定をさせていただいた経験があります。

元々シンガポールで立ち上げている会社ですので、日本的感覚よりも、海外でのローカルでの需要を良く熟知しており、日系企業も人材を探すにはリーラコーエンなら現地で良い人を抱えているのでは?とわかっているようで、非公開求人も結構あります。

担当の方も経験豊かですので、色々と親身にご相談も乗ってもらえました。

特に東南アジア地域での就職、転職を考えている方にお勧めです。

リーラコーエン




リクルートエージェント

やはり最後は、業界の最大手の誰もが知るリクルートエージェントです。

こちらも海外拠点は

インド, インドネシア, シンガポール,タイ, ベトナム,香港、中国と展開しています。

ここは誰もが名前を知るエージェントだけに詳しい説明はいらないかと思いますが、海外も展開をしており、特に国内の企業とのパイプも強い為、一番初めに求人を出すのが、リクルートだったりします。

リクルートの豊富な国内企業とのつながりは、他の2社を圧倒をすると思います。

実際に利用した感想

実際に利用した感想としては、大手のリクルートト言えども、やはり会社が大きいからなのか?小回りが利かない面が見受けられました。

前述の2社ト比べると、メールの返信も遅め、紹介してくれる企業も少なめ出あったのが実際の感想です。初めはリクルートに求人を出すようですが、おそらくサポートの体制のどこかに不備があるのか?ほかのエージェントよりも、海外の求人数は少なめでした。

もちろん業界にも寄ると思いますが、サービス系の求人よりも、金融や商社などの大企業案件がやはり多いように思います。

それは日本での企業との結びつきに寄るものかと推測しますが、他の2社が紹介できない大企業の案件は、やはりリクルートが強いかと思います。



リクルートエージェント



海外就職に必要な経験と知識

海外就職に必要な知識と経験は、特に海外留学しているだけでは、なかなかみについていないかと思います。

一番海外への転職や就職で必要と思うものは、自身の経験から導く答えはズバリ

ローカルの人材とのコミュニケーション能力

これに尽きると思います。仕事は一人ではできませんし、いくら能力があっても、一人で様々なプロジェクト、タスクはゥなく進行することはできません。

立場的にもある程度上に立って仕事をこなす際には、やはり人をコントロール、マネジメントする能力は特に必要で、その中でもローカル人材を動かす能力は一番大事な能力です。

ではこれを磨くにはどうするのが良いのか?

この能力を磨くには、自分が一番仕事ができているという思い込みでなく、相手を動かすには、相手のどの部分をサポートして、尚且つどこを任せてら良いか?を常に考えながら、一緒に問題にあたることが必要です。

良く勘違いするのは、海外だから個人主義でしょう?という思い込みと日本人と言う、根拠のないプライドで仕事に臨み、ローカルの人たちと距離を置くやり方は、絶対に成功しない、日本人の典型的なパターンです。




海外就職後のキャリアアップ

一度海外で就職して、日本と全く違う環境で働くと、1年、2年、3年もすれば、かなり揉まれてきて、仕事に対する考え方、自身の日々の生活に対する考え方も変わってきます。

海外に出てしまうと、ダメになってしまう人もいますが、逆に鍛えられて、今度は次から次に転職していく方々も多数いらっしゃいます。

海外においては転職回数はそれほど問題視はされませんので、逆に色々なキャリアを積んで、経験を持っているとみなされる場合がほとんどです。

自身の持てるスキルを磨く時間も余裕もできますので、海外での就職は、いつか日本に戻るとしても、今後のキャリアにはマイナスにならないと思います。

唯一のデメリットとしては、海外で就職してしまうと、日本の環境がとても窮屈で、自身のプライベートな時間を持てなくなってしまうので、日本へ戻りたくなくなってしまう事ですね。

自身も同じことを感じましたし、日本が決して嫌ではないのですが、プライベートはプライベートという海外感覚は、日本ではまだまだ難しいのが現状ですね。




海外就職まとめ

世の中には数ある手就職、転職エージェントがいますが、なかには本当にただ職を紹介するだけの所もあり、特に実際に見えない環境の海の向こうの職を紹介するところは、日本はまだまだ少ないように思います。

その中でも本日紹介した3社は十世紀もあり、海外現地に支社をもち、ローカルの需要を的確にとらえて人材紹介をしていましたので、どれもお勧めです。

中でも一番初めにご紹介したJACは、現地のローカル人材を探す際も、とても心強く、現地にとても根差していただので、一番の安心して話をさせていただきました。

もし海外での就職、転職で聞きたいことがあれば、今までの経験上でアドバイスができると思いますので、遠慮なくメッセージを送ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました