日本人が英語を話せない3つの理由

スポンサーリンク
なぜ英語を話せない TOEIC
スポンサーリンク

あー、英語話せたらもっと外国人と話せたりして楽しそうなのにな。。。。と皆さん思うことありますよね。

私も英語を話せるようになるまで、ずっと外国人と話せる人を見て、あんなペラペラに話せたら楽しいのにな…と思っていました。

日本人には英語が話せない訳でなく、話せない大きな理由があるんです。だからなかなか覚えられるまでの道のりが遠い。

以下の3点の理由で、なぜ?日本人が英語を話せないか?理由がわかります。

逆に考えると、それを理解して反対の事をすれば、話せるようになる近道です。




スポンサーリンク

今回のポイントは以下の3点

  • 日本語は最後まで聞かないとわからない言語。英語は始まりを聞かないとわからない。
  • 会話のトーンが低めな日本語。英語はトーン差が大きい言語。
  • 遠慮が大事な日本語、一期一会が大事な英語。




最後まで人の話しは聞け!は、あながち間違いじゃない?

最後まで人の話を聞け



よく親や上司に「まだ話してるんだから、人の話しは最後まで聞け!」と怒られたりした経験ありませんか?これあながち間違いじゃないんです、日本語では。

と言うのも、以下の理由からなんです。

口語の日本語は主語は、良く省略される起承転結方式で、結が最後に必ずきますね。

文で書く時も、動詞は最後に書かれるので、最後まで聞いていないと、動作が分からないからなんです。

日本語を話す時、主語も言わない時もあるので、最後まで聞いてその動詞で主語がだれなのか?を判断するんですね。

例えば日本語でこんな会話。

「明日ミーティング来る?」「行くよ、ミーティング」

日本語として間違いないんですよね。

これを英語にしてみるとどうなるでしょう?

「Are you going to come to the meeting?」

「I’m going to attend the meeting」

違いわかりますか?一番の違いは

  • 必ず主語が話されていること
  • 主語に続いて動詞が話されていること

つまり英語は必ず主語と動詞から話始めるのです。

日本語は主語を省いても、語順がどんな形でも、どれでも文として成り立ちます。しかし、英語は必ず常に主語と動詞をハッキリさせることが大事な言葉なんです。



また日本語は起承転結の形式での話し方が通常です。

しかし英語は、結論付きイントロダクション→ボディ(結論に至る内容証明)→最後に再度結論と、かなり文章構成が違います。

演歌歌手

例えると日本語は演歌のように、静かに歌い始め、サビに向かうまで期待値を徐々に上げて行き、最後に感動の歌い上げで終わる。日本人はこういうの大好きですよね。

英語は言いたいことから入る、サビがバーンと来て、こうなんだぜ!こうでもあるよ、こうだろ!だからこうだ!とずっと押せ押せで歌がススむ。

やっぱり日本人には、日本語がぴったりな言語なんですね、歴史的にも文化的にも。

そしてなによりも、日本語では、人や物の動作は最後に言う、また一番初めに言ってもOK、途中でもOK、つまりは語順や文法はあってないようなもの。

「明日行くよ、そこに」でも、「行くよ、明日、そこに」でも「そこに明日行くよ」でもなんでも文章はOKなんですよね。

英語はこの文章に論理的なルールがあり、必ず主語と動詞から話すという決まりがあります。誰が何を、を先に話さないと、話し手が、なにに?誰に?ついて話しているのか、わからないめんどくさい言語なんです(笑)




日本人は言語の高低差に慣れていない

トーンアップダウン

英語を聞いていると、聞き取れない!と思う音があったりして、英語って音の高低差が大きいと思いませんか?

それもそのはず、日本語と英語の間には使っている音のトーンの高低差が全く違うからなんですね。

アメリカ英語は使っている周波数が750~5000ヘルツ

日本語の使っている周波数は125~1500ヘルツ

かなり使っている周波数が違いますよね。

これがブリティッシュイングリッシュになると更に周波数があがります。

イギリス英語の使っている周波数は2000~12,000ヘルツ。

アメリカ英語と日本語は重なる周波数もあるので、日本時にとってはアメリカ英語のが聞き安いと感じるのは、重なる周波数があるからなんですね。

イギリス英語はそもそも重なる音がないので、一見聞き取り安いな?と思っても、実は周波数が高いところで発音されているので、慣れるまでは結構大変なんですね。

人気ホテルが最大50%OFF!

ちなみにほかの西洋言語は以下の様に。

  • イタリア語2000~4000
  • ドイツ語125~3000
  • ロシア語125~8000

こうやって周波数を見てみると、イタリア人、ロシア人、ドイツ人たちも、英語が大抵の人たちは不得意なン人が多いのも納得できますね。

こんな言語の中でも日本語は特に、低い周波数の中で会話が成立してしまうので、英語の様な高い周波数の言葉で話されると、日本人は普段聞いていない音なので、聞き取れないという事になります。



解決策はある?

解決策
解決策はある

周波数が高い言語だからと言って、日本人は全く聞き取れないのか?となると、実際に英語を話す人たちがいるので、それは解決策があるという事になります。

解決策は、「周波数に脳を慣れさせる」です。

ではどうやって慣れさせるか?と言う事ですが、他の記事でも書きましたが、シャドーイング(スピーキングをまねること)とディクテーション(リスニングしながら書き取りする)が有効的です。

まず正しい発音をまねしながらスピーキングをするという事は、自身で発音をした音を、自身の耳が聞いて、この単語はこの音なんだと理解しながら進みます。

耳が慣れるというのは、イコール脳がその音を雑音から、言語だと認識することなんです。人間って使わなくていいとなると、その音を頭の中から省くようになります。

ですので、小さい時に外国語をやると言葉が話せるようになるというのは、脳がまだ色々な音を吸収していこうという段階なので、大人には雑音でも、彼らには普通に音として捉えて、吸収して、言語の音として理解するからなのです。

大人の場合は、これが音だと認識させるまで、一般的には2000~3000時間リスニングをして、発音を自分でしながら、聞くことで、これが音だと認識しだします。

良く英語を話せる人から、

「ある日突然耳に入ってくる英語が聞き取れるようになった」

と聞き来ませんか?

これって脳が完全に英語の音を言葉の音だと捉えて、日本語と同じように脳の中で処理できるようになった瞬間なのです。

なので、一番の解決策は毎日たった3分でも5分でも、英語を聞くだけでいいのです。またリスニング中は意味を取ることももちろんですが、同時に小声でもいいので、同じように発音してみましょう。

これをすることで何倍にも音に慣れるスピードが速くなります。まずは3分やってみましょう。



遠慮が大事な日本語、一期一会が大事な英語。

日本はとにかく言語だけでなく、文化として遠慮、謙遜などを重要とみなしている文化です。これはとても素晴らしいと思います。

でも英語圏では、特に国土の広いアメリカなどでは、一般的な考え方として、常に一期一会で、会った時がチャンス、もしかしたら、もうこの先は会う事がないかも?と頭の中に刷り込まれています。

折角会ったこのチャンスだし、なにかネットワークにつながるかも?と日本人からしたら、なにか利を求めているような感覚ですが、アメリカ人は特に全く知らない人とでも、普通に話そうとします。

日本は唯一、一期一会を頻繁にするのは、残念ながら「旅の恥はかき捨て」という言葉があるように、知らない土地に来たら、何してもいいんだ!という時くらいしか積極的にならない気がします。

例えばアメリカ人と、もしどこかで出会ったら、必ず向こうから、どこに行くの?何しているの?FBやってる?Whatsappやってる?とか、結構日本人にすると、ずけずけとかなり人のパーソナルスペースに入ってきます(笑)

仲間

でもこれはネットワーキングの一つで、ここで連絡手段聞かなければ、何か繋がれるかも?しれないし、一期一会だし、じゃ色々話そう!と考えるんですね。

日本人も、もちろんお名前は?とかおいくつですか?とか聞きますが、なるべく横柄に見えないように、また図々しく見られないように、遠慮、奥ゆかしいのが、礼儀作法の一つですので、アメリカ人のように図々しくはなかなかできないものですよね。

身近に帰国子女の方々がいたことがある人は、良く分かると思いますが、彼らと話すときは、敬語もなく、口調や態度は、日本人のそれとはまったく違うという事が良く分かると思います。

話し方も、英語での口調で日本語を話しているので、どこか違和感がわくと思います。

でもこれが英語話す上で、とても大事なのです。旅の恥は掻き捨てる日本人が、英語を話すとなると、急に全く借りてきた猫になってしまう。

これをもっともっとアメリカ人並みに似せる、寄せることは、話せるようになる上でとても大事。

なにも態度を横柄にという事でなく、英語を間違えようが、発音が多少違おうが、まずは人間と人間なので、話すという行為がとても大事なんだと、間違いを恐れずに話す姿勢が、英語を話すことの大事なポイントです。

ネイティブの人たちは、間違えなんて、誰も気にしていません。

意味が分からなければ、こういう意味? What do you mean?と聞いてきます。

それは自分が聞き取りを間違いないように、確認しているだけなのです。



まとめ

日本人が英語を話せないのは、もちろん英語を普段使わないからなのですが、これだけ外国人旅行者や労働者が増えて来ている中、最低限英語位は話したい!と皆さん思っていることと思います。

他言語を学ぶことは、自分の国の文化や言葉を振り返るいいチャンスです。

それと同時に、日本の良いところ、悪いところの両方を知るいいチャンスになります。

*日本語は最後まで聞かないとわからない言語。英語は始まりを聞かないとわからない。
*会話のトーンが低めな日本語。英語はトーン差が大きい言語。
*遠慮が大事な日本語、一期一会が大事な英語。

上記の3つのポイントは、逆を返せば、話せるようになるポイントです。まずは間違えることを恥ずかしいと思わず、積極的にどんどん機会があれば話していきましょう。

やればやるほど上達するのが外国語学習です。春は新しい物事を始めるのに良いスタートですね、ぜひやってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました