勇気を出そう!初めて外国人に話しかける時の英語

スポンサーリンク
どちらの英語がいいか TOEIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勇気を出して英語で話しかけよう!

街中はたくさんの外国からの旅行者がいますね。もう間もなく旧正月(Chinese New Year)になります。

2019年は2/4(月)大晦日 2/5(火)旧正月(春節)です。
この旧正月前後は中華系の方を初め、東南アジア各国でも旧正月はお祝いしますので、みんな大型連休で、日本へ更に人が押し寄せますね。

中国人の旧正月中の海外への渡航先は日本がナンバー1です。
アジアでは日本くらいですね、旧正月をお祝いしないのは、だいぶ昔に廃止になっているそうですが、沖縄の一部ではお祝いしているようですね。

ちなみに私がいたシンガポールでは年4回正月がありました(笑)




新暦の正月(通常の1月1日の正月)

旧暦の正月(チャイニーズニューイヤー)日は毎年変わります

イスラムの正月のハリラヤプアサ(こちらも日は毎年変わります)

そして最後にヒンドゥーのお正月(こちらも日程が変わります)

この4回シンガポールにはお正月があります。


その中でも旧正月は2日間(大みそかと正月)がお休みで、その前後1週間づつは、中華系のスタッフはもう正月が来る気分でソワソワで、仕事全くやらなくなっていました(笑)

さて旧正月の最中、日本へたくさん来ている外国人旅行者から話しかけられたり、話しかけたりする場面も多々あるかと思います。

もういいよ外国人!なんて思わず、ひとりひとりが日本の親善大使ですよ!


今日はそんな時に勇気をもって初めて話せる為の基礎英会話を覚えていきましょう!

英語が上手に話せませんはどう言うか?

英語がはなせません。I can't speak Englishnの絵

街で外国人の旅行者に話しかけられた時に、外国人からあなたへはきっと
「Can you speak English?」と聞かれると思います。
Canは誰もが知る「能力」「許可」「依頼」を意味する助動詞ですね。

少しだけ話せますよと言う意味で“I can speak just a little English.”や
伝えるのはうまくないけど、何とか聞き取れますよという意味で“Yes, I can speak English.”と言ったら、ネイティブの人は、あなたが第2外国語として、少しでも普通に話せますよと言う意味に捉えるので、堰を切ったように英語で話しかけてきます。

バァッーと立て続けに言われて、イヤイヤ、そんな早口で言われても・・・・と
良くありませんか、こんなシチュエーション?(笑) 

こんな時は、聞かれたら話せるけど、上手く話せないならI don’t speak English wellとか
話せるけど、流暢ではないという意味で、yes but I can’t speak English fluently.と言うと、相手はたぶんゆっくりと話してくれるはずです。

もしくはI speak some English but not fluently.とかも同じ意味です。

日本人の感覚だと、話すことができる、できないはすべてCanを使いがちですが、Canでなくても、I don’t speak Englishでも問題ないのです。


 

「が」と「で」で意味は全く違う?

I can speak English. と I can speak in English. はどう違うのでしょう? 分かりますか?

実は「英語が話せます」と「英語で話せます」。
こう聞くとあれあんまり違いないのでは?と思いますよね。

例えば「英語が話せますか」と聞かれたら、「英語で話せます」と答えるのは変ですよね。

ですので「I can speak in English.」は特定の時にしか使えません。

例えば、海外からの旅行者の方が多少日本語を理解できるので、日本語で説明しているときに、今一つ日本語を理解できていなかった場合に、その方に向かって、 英語でも説明できますよ?と言いたかったらI can speak in Englishという事ができますよね。

でもそれ以外の場合は、英語で話せますとはいう時はあまりありませんよね。
ですので通常はI can speak Englishで大丈夫です。

Can you speak English? と聞くのは失礼?

Can you speak English? vs Do you speak English?

2つの英文の意味の違い、わかりますか?

Can you speak English? とこの聞き方をすると「英語を話せますか?」と能力を聞く意味以外に「英語で話してもらえますか?」とお願いしているようなニュアンスが少し含まれます。



軽い挨拶の気持ちで、英語を話せますか?

(英語を第2外国語もしくは習っていて知っている)

と意味で外国人旅行者に聞くと先ほどの初めの方で話したように

相手は英語で話しがしたいのか?と感じて

その質問してきた相手も英語が理解できるんだと考えるので

怒涛のようにネイティブ並みの英語で話してきます(笑)

ではこのようにならないように、外国人旅行者に話しかけたりする時は

このように聞きましょう。

Do you speak English? このように聞くのがベターな聞き方です。

Do you speak English? は、普段日常で英語を話していますか?と言う意味になります。

という事は、英語が母語もしくは英語を普段からよく使っていますか?

などと言う意味にもなりますよね。

たまにアジア人だと、日本人と顔の見分けがつかない場合もあるかとますし

シンガポールや香港のように英語を母語とする国もありますので

話すことができるか否か?も含めて

Can you speak English? よりもDo you speak English?と聞く方が

会話のスタートとしては良いかと思います。

外国人への道案内をしている図

その際に、もっと丁寧に、もしかして話せますか?と聞くには


happen toを一緒に使って聞いていくと、一番丁寧な聞き方になります。


Happen toは「たまたま〜する」「偶然〜する」という意味ですので、


『Do you happen to speak English? 』と聞けば、ひょっとして英語話せますか?というとても丁寧な意味にもなりますよ。

もし日本に来ている外国人の方にDo you happen to speak Japanese?と聞けば
もしかして日本語話せますか?という意味で

相手がアジア人で日本人の様な顔つきであれば

相手の方はI’m not Japanese.私は日本人ではないよとか

I can’t speak Japaneseなどの返答してくれるので、会話の糸口にもなったりしますね。

その他に以下の様な使い方も出来ます。
Do you happen to know him?
ひょっとして彼の事知ってる?
“Did you happen to send me an email?”
もしかしてメール送ってくれた?

なので、もし相手が英語を話すか否か?表面からは判断できない場合は

Do you happen to speak English?を使って話してみましょう。

とても丁寧で、誰も傷つけない話し方です。

こんな方はいないとは思いますが、英語が母語の国に、例えば旅行でアメリカなどに行って、道に迷った時に、Can you speak English?とは聞かないようにしましょうね。聞かれた相手が、あれ?俺ネイティブに見えないのか?ここはアメリカなのに!って少し気分を害する場合があります。アメリカも人種が多彩ですので、アジア系アメリカ人だとそう聞きたくなる時もあるとは思いますが、これは失礼に思われる可能性が高いです。



OKはOKじゃない?

OKは実はOKじゃないの図

日本だと会話しているときは黙って聞いていなさい!というのが

暗黙の了解ですが(よくない習慣ですよね)

英語の会話はもっとキャッチボールが盛んです。

良く日本人が言う、OKという言葉がありますが

このOKは良いけど、でも・・・と言う意味が含まれています。

なので、本当は良くないんだという意味に捉えられますので

あまり使わない事がベストです。

特に理解しているか否か?などの時

OKと言うと理解してないけどね、大丈夫!と意味で 取られます。

本当は理解してないんだな?と思われます。

Do you understand so far? 

Yes, I understandとyes or noで答えましょう。

また何か頼まれたりした時にもOKと言わないようにしましょう。

コーヒー持ってきてくれますか?と言われ、OKと答えると

あっ本当は嫌なんだって思われます。

そういう時は、下記の様に答えたりするといいです。


Can you bring me a cup of coffee?と聞かれたら 

Sure(もちろん)

Why not?(もちろん)

I’ll bring it to you shortly(すぐにもっていくよ)

もし相手が偉い人、お客様の場合は丁寧にCertainly(かしこまりました)と返答するのが一番丁寧です。  

メンズエステサロン【エルセーヌMEN】
メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!

相槌の英語

何か話されたことで、いいね!などの時のGoodも言い方が沢山あります。


相手の話に反応するときに使いたい言葉は以下の様な言葉達があります。

合いの手 相づちの言葉の図

Nice! 「いいですね!」really?「本当ですか?」「そうなんだ!」


Wow! 「すごいですね!」Interesting! 「面白いですね!」

Sounds good.「いいね」  That’s too bad. 「それは残念だね。」

Cool! 「かっこいい!」 Awesome!「素晴らしい!」Fabulous! 「すごい!」

本当にAwesome!とか思ってなくても、会話の相づち

合いの手なので、どんどん使って構いません(笑) 

逆に積極的で、好印象を与えますよ。



街中は無料のレッスン場


Can は使い方が多彩で、Mayの許可の部分と被るところもありますが

多用するだけでなく、Canの持つ意味、違う言い方も覚えていくことで

会話のバリエーションが広がります。


また英会話が上達するには、文法的な所を完ぺきにするよりも

間違っていいから、積極的に話すことがとても大事です。

相手はネイティブ並みの英語力は求めていないし

日本人は英語をあまり得意でないと知っています。

間違いを臆せず、どんどん話しかけてみましょう!

街中にいる外国人旅行者の力になれますし

更にはタダで英会話レッスンができる、チャンスですよ?(笑) 

You learn from your mistakes!

コメント

  1. […] 勇気を出そう!初めて外国人に話しかける時の英語 […]

タイトルとURLをコピーしました