簡単!誰にでもできるダイエット トレーニングと食事

スポンサーリンク
ウェストが細くなった 筋トレ
スポンサーリンク

誰でも簡単に確実に痩せる食事の取り方があると言ったら

え~そんなのないよ!と思いますよね?

私も初めはそう思っていましたし、半信半疑というより

疑いしか無かったです。。。

まずは食事を変える前の、恥ずかしながら

とてもデブでしかないボディーをご覧ください。

とっても恥ずかしいですが、3年前の私のダルダルボディーです(笑)

痩せる前の太った体
食事改善前

お腹周り、背中周り、もう全体的にデブの体になっていました。。。。

会社でのストレスや不規則な食事時間、好きなものだけを好きなだけ食べていて、ストレスを紛らわすだけしていたので、単なるデブになっていました。。。

この写真を撮った際が一番太っていた時期で、身長は174センチ69キロの単なる脂肪の塊になっていました。服を来ていれば誤魔化しをできますが、脱ぐとこんな感じで本当に悩んでいました。

そしてこの写真撮影後、このままではやばい!と思い、色々と調べ、食事のとり方を変えました。

論より証拠、まずは食事を変えて、1か月ちょっとの後の写真をご覧ください。

全て写真は私の写真です。

食事改善1か月後の体
食事改善1か月後です。

えー嘘だ!?と思いますよね、でも本当にまずは食事を変えて、誰でも家で、簡単にできる運動を取り入れて、1か月で、ここまで脂肪を落とし、スリムになりました!

ではその1か月ちょっとで脂肪を落とした、食事方法と手順を紹介していきますね!同じようにやれば、男性女性関係なく、間違いなく体重が落ちてスリムになります。食事を制限するのではなく、コントロールしながら、空いた時間を活用しぜひ実践してみましょう!あなたもスリムになれます。

スポンサーリンク

太る原因は何だ?

まずは実際体重が増えるのは原因があって太るんですよね。しかも気づかないうちに太るんですね。でも実際消費カロリー以上食べ過ぎているから、太るので、その原因をご紹介します。みなさん思い当たるところありませんか?

朝食を抜く

朝食を抜いてはいけない
朝食は抜いたらダメです。

結構皆さんやられていることだと思いますが、朝食を抜くという行為は、太っている人に共通することです。何故か?というと人間は寝ている間にも、体温を維持するために体はカロリーを消費しています。起きた時は体温も低くなり、昨日食べたものは消化され、エネルギーになっており、空腹状態。この空腹状態というは、飢餓状態にあります。

この飢餓状態を脱し、体温を上げるためには、食事をとらないといけません。

抜けば抜くほど人間の体の生き抜く為の防衛法本能が働いて、飢餓状態を脱出するために、食事が取れるときに大量に体に貯めこもうと体は動きます。

食事をとらないと、人間の体はうまくできていまして、一番生きていくうえで、常に必要ない所から栄養を補給しようと体が反応します。それが一番初めに栄養を取ってくるところは「筋肉」なんです。筋肉はたんぱく質の塊。一番栄養があるんですね。

筋肉は体の中でとても重要で、血液を循環させたり、体の脂肪を使ってパワーを得て、常に脂肪が燃焼する状態を作ってくれる、自然の脂肪燃焼機関なのです。

その筋肉が、朝食を取らないことで、どんどん萎んでいき、脂肪の載っている体であればあるほど。さらに脂肪の燃焼するチャンスがなくなっていきます。。。

朝食欲わかないよ!という方は、前の日の晩に大量に食べ過ぎています。朝はまず必ず食べましょう。

夕食に山盛り食べる

山盛りの夕食
夕食を大量に取る偏った食事はデブの素です。

食事と言ったら、夕食を大量にと取っていませんか?私もそうでした、朝食を抜き、昼めしはパスタなどを食べて、夜を食べる時間が遅くなるので、お腹が空き、夕食を大量に食べることで食欲を満たしていました。

夜は寝るまでの間が短ければ短いほど、食べた物がすべて脂肪になります。

完全にデブの素になります。

水を飲まない

水のペットボトル
水は体を作る大事な要素です。

水は体の中で様々な働きをしています。成人の方でおおよそ60%が体内水分の目安料。太っている方はこの水分量が足りず、血液の半分を構成している血漿(けっしょう)はほとんどが水でできており、この血漿は老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排泄するという大きな役割を果たしています。

水を取らないで、清涼飲料水(甘いもの)やカフェインの入ったドリンク(コーヒーや紅茶、緑茶)などばかりだと、甘い飲み物は糖分を取りすぎ、カフェインは利尿作用が高くなり、体から水分がどんどん失われます。

また水は腎臓の働きを助ける役割もあります。腎臓では体内の血液をリフレッシュして、そこから水分と余分なものを分けて、体外に排出する役割を果たしています。

また体内の水分量調整もしているので、水がないと腎臓の働きが弱り、デトックスできなくなります。

また水分がないと、便も固くなり、一番体のデトックスで大事な排泄がうまくいかず、体が痩せにくくなります。

糖質の高い食べ物ばかりを食べている

ピザとパスタ
糖質の塊ばかり食べていては太ります。

パスタの糖質は100gで約70g近い糖質量が入っています。良くパスタは糖質が低いなんて言われていますが、パスタは素揚げ(ソース無し)で食べる人はほとんどいませんよね?この麺にさらにカルボナーラとかかけて食べたら、そりゃもうデブの素。あっという間に体に蓄積されます。

食べ方も重要ですが、100gのパスタをゆでると約2.5倍の250g程度になります。

これがごはんに換算すると白米どんぶり1杯 240gに相当します。。。。

間違いなく太りますよね。。。私も太っている時手軽だから、毎日のようにパスタを食べていました。。。。今考えるとゾッとします。。。

更に甘いもの好きな方は、今日だけ今日だけと言いながら、ケーキやアイスなどを毎日食べていますよね?

ちなみに栄養を補おうとよくコンビニある、野菜ジュースとかビタミンCが入っているようなジュースがありますよね。あれって内容物はほとんど砂糖だったってしっていますか?

野菜ジュースの成分表
野菜ジュース成分表

この野菜ジュースは17.5gの糖質が入っています。1日に摂取していい糖質は約60g。その1/3を野菜ジュースで摂取してしまう、この糖質の量の凄さ。。。

痩せたいと思う方々は野菜ジュースなどは取るのはやめましょう。

全く体に良くないです。。。。

野菜ジュースは野菜ではないという事を覚えておきましょう。

運動を全くしていない

厚生労働省のHPから日本人の基礎代謝基準値

毎日が忙しく、時間が取れない、朝から晩まで働いているから筋トレなんてできないし、時間は取れないよ。という方もたくさんいると思います。

でも加齢とともに基礎代謝は落ちていき、若いときは違って、いくら食べても太らなかったからだが、食べれば食べるほど、体に蓄積されていくようになるんですね。

基礎代謝量のピークは10代です。20代はまだまだ若いと思っていて、何もせず食べたいものだけ食べていると、年を追うごとにこの基礎代謝は年々減少していきます、悲しいことに・・・・

筋肉の量が減れば減るほど、この基礎代謝は下がっていきます。さらに偏ったご飯を食べ、脂肪だけでついていくと、この表以上に下がっていきます。

流行りのフルグラは体に悪い

フルーツグラノーラ
ほぼ砂糖の塊です・・・

最近お店で売り切れるようなフルーツグラノーラ。体に良いと宣伝されていますが、本当に良いと思っていますか?各社から出ているこのグラノーラ、糖質オフと書いていないものは、おおよそ平均30g以上の糖が含まれています。

中に入っているもので、ドライフルーツは砂糖を凝縮したものと同じですので、かなり糖質が高いです。

朝食の代わりにグラノーラ食べてます!ってい言う方がいらっしゃますが、それは糖質の過剰摂取で、全く体に良くありません。今スグやめましょう。

痩せるための食事方法

朝食をしっかりと食べよう

卵2個の目玉焼き
卵は完全栄養食品です。

朝食は絶対に抜かないようにしましょう。体が常に飢餓状態に陥るようになり、自己防衛本能が極度に働きます。

体はここしか食事はとれないかも知れない?と食べた物を毎回必ず脂肪にして、蓄えよう!と体に脂肪をつけるようにして、万が一食事が取れなくても生き残れるようにしようと働きます。

人間が生きていくうえで、食事が満足に取れなかった頃の名残で、脂肪を貯めるのは生きてく上で大事で、サバイバル能力の一つなんですね。

朝食はまずは卵料理を食べましょう。卵は食べ過ぎは体に悪いという人がいますが、そんなことはありません。

卵は必要な栄養が沢山詰まった完全栄養食品です。

生卵1個(60g・可食部 51g)に含まれる栄養価の内容は以下の様になっています。

たんぱく質6.3g、脂質5.3g、カルシウム26mg、マグネシウム6mg、ビタミン B2 0.22mg、ビタミン D 0.9μg、鉄0.9mg

良質なたんぱく質を含み、他の栄養バランスもとても良く、常に食べても体に悪いことはありません。もちろん1日10個も20個も食べるとなれば話しは別ですが、なかなかそんな方はいませんよね(笑)

朝は目玉焼きでもスクランブルエッグでも(砂糖はなしですよ?)いいですので

卵は生で食べるより、調理したものの方が消化吸収は良いので、必ず調理して食べましょう。

朝食を毎日食べることで、体温も上がり、基礎体温も上がっています。また今まで朝食を抜いていた方が朝食を取り始めると、体が徐々に飢餓状態から脱したと思うようになり、貯めこむ体から、今度はエネルギーに変えるように、変わっていきます。

朝食は体が脂肪燃焼体制に変わる為の、合図にもなります。

鶏、豚、牛肉を食べよう

牛 豚 鶏の肉の図
牛 豚 鶏バランスよく食べましょう。

えっ!?肉って太るんじゃないの?っていう方、それは脂肪がたっぷりと着いたお肉を食べるからなんです。ステーキでも霜降りやサーロインなどの脂身がたっぷりついたお肉はNGです。

豚の脂は体に蓄積されません。ただし生姜焼きなどは、みりんや砂糖をたっぷりと使いますので、避けた方が良いです。

また鳥はカロリーも少なく、特に胸肉ささみなどはたんぱく質が高いです。

ただし皮付きのむな肉の場合は、皮には脂肪が沢山ありますので、川は外しましょう。外食の際も鶏の胸肉を食べるときは皮を外して食べるように意識しましょう。

赤みの牛肉、牛の部位だとハラミ、牛ヒレ、モモ、肩などは脂身が少なく、たんぱく質も多く、さらには牛肉には豚や鶏にはない、L-カルニチンが沢山含まれています。食べることで、たんぱく質を補い、さらには体脂肪を減少させるカルニチンを摂取できる優れものです。

L-カルニチンは特殊なアミノ酸の一種で、体内の脂肪を燃焼しエネルギーに変えるための必要不可欠な栄養素です。体内では少量しか作られない為、牛肉から摂取するのが理想です。

野菜を取ろう、ただし糖質の低い野菜を

野菜は積極的に取りましょう。野菜は便も快適にしてくれるもので、デトックスの効果も高いです。

ただ生野菜では大量に摂取できないこともありますので、煮たり、スープにしたりする方が、多く一度に取れます。

但し野菜は、人間が甘いと感じるものは、やはり糖が沢山含まれていますし、糖質が高い=炭水化物が高いというものが多数あります。

野菜が健康にいいからと思って、なんでも野菜を食べると逆に糖質の過剰摂取になります。以下に糖質の高い野菜一覧を挙げました。

じゃがいも 、 ながいも、 さつまいもなどのイモ類。
れんこん 、ゆりねなどの根菜類。
コンビニなどのサラダに良く入っている、 タマネギやトウモロコシとトマトは特に糖質高いですよ。また大豆以外の豆類、特にひよこ豆などは大豆の5倍近い糖質量があります。赤ピーマンやニンジンなども糖質が高い野菜です。

逆に糖質量の少ない野菜類は積極的に取りましょう。

オクラ、かぶ、カリフラワー、キャベツ、キュウリ、小松菜、大根、タケノコ、チンゲン菜、なす、にら、ねぎ、白菜、ブロッコリー、ホウレン草、もやし、レタスなど。

特にブロッコリーはたんぱく質が沢山はいている野菜として有名ですよね。

一時期付け合わせの野菜をブロッコリーに変えることをチェンブロ(ちゃん時ブロッコリー)という位有名になりました。

葉物野菜は腸内も綺麗にしてくれるので、積極的に取りましょう。

家でできる一日10分簡単な運動、踏み台昇降

踏み台昇降の機械
脚が3段くらい上がるものがベターです。

毎日忙しくて、時間がない、ご飯食べたい、早く寝たい、その気持ち分かります。でもやはり多少の運動は必要。

でもジムに行く時間もないし、ランニングする時間もない。

そんなあなたへ、私がジムも行かずに、一番初めにお見せしたスリムな体になるためにした運動をご紹介します。

家でしかもテレビを見ながら、もしくは音楽を聴きながら実践したやり方です。

それは踏み台昇降です。踏み台昇降??って思うでしょうが、これ意外に効果あるんです。。。

金額の高いものは必要ありません。私は上記のようなものを買いましたが、人が乗って壊れないようなものであれば、なんでもいいです。できたら高さが変えられる物の方が、強度を上げられるので、いいと思います。

踏み台昇降のメリットは沢山あります

踏み台昇降でする、ダイエットのメリットは数えたらきりがありません。

体重が減る=ウォーキングよりも消費カロリーが大きいです。

下半身が引き締まります=太ももやふくらはぎが引き締まります。ふくらはぎは第2の心臓という位、血液を循環させるポンプの役割をしていますので、冷え性も改善されます。

また血液の循環が良くなりますので、肩こりも便秘も解消されてきます。

また踏み台昇降は心肺機能も下半身の筋肉が鍛えられて、体力が上がります。

人間の筋肉は下半身に約70%があります。ですので下半身を鍛えることは、筋肉量があがり、基礎代謝が増えるのです。ですのでこの踏み台昇降は、下半身を鍛え、基礎代謝を上げる、家でできる簡単な筋トレになるのです。

またジムのようにお金がかからず、運動初心者でもでき、ジョギングなどのように外に出ることがない為、天気に左右されません。

またウェアを揃えたりなど、見た目も気にしないので、楽にできます。

一番は好きなテレビを見たり、好きな音楽を聴いたり、それこそ自宅で英語学習のリスニングをしながらでもやることができますよ!

踏み台昇降のやり方

台の高さは10センチから20センチでスタートしましょう。あまり高すぎると足を滑らせ危険です。慣れるまでは、まずはこのくらいの高さでスタート。

また台は滑らないものがベストです。5分10分とやり始めると、足の裏に汗をかいてきて、滑りやすくなります。滑って転ぶと家の中でも危険なので、靴下をはくとかの事前予防策を取りましょう。

基本のステップは以下ように進めていきましょう。
踏み台を前にして立つ。右足(左足、どちらでもスタートは構いません)を台に乗せる。
左足(右足)も台に乗せる。
右足(左足)から後ろに降りる。
左足(右足)も降ろす。
足を入れ替え、左足で1〜4の動作を繰り返し行います。
最初は1分間に50回程度のペースでやりましょう。

続ける時間はマックス20分

続ける時間は、慣れるまでは5分くらいからスタートをして、徐々に時間を延ばしていきましょう。最終的には20分くらいがベストですが、体調や状況に合わせて、時間は調整して、自身が続けられるようにしていくのが飽きないで、また嫌にならずに続けられるコツです。

レベルアップをするには

少しづつ慣れてきたら、強度を上げていきましょう。時間を長くする(マックス20分を目安)こと、また昇降のスピードを上げること、高さを上げることです。

またさらには100円ショップなどで水を入れるダンベルががあると思いますが、それを両手に持ち、昇降をすることで、自重プラス重さが上がることで強度が上がります。

3段階 踏み台昇降

購入はこちら- ウルトラスポーツ エアロビクスステップ 台湾製 踏み台昇降 3段階調整 すべり止めつき

効果がでるのは1か月後から

私も毎日のように10分から15分、この踏み台昇降を続けました。初めは本当に痩せるのだろうか?とか飽きちゃうかな?とか思いながらも、3日、1週間、2週間やっていくうちに、なんだか体が軽くなったな?と思ってきました。

2週間後に踏み台昇降をしてから初めて測った体重は、食事も変えながら行ったので、その時点で3キロ減少。自分でもびっくりでしたが、効果あるんだ!と思うと、毎日黙々とやっていた努力が報われた気になり、更に強度を上げて、時間を延ばしてと継続する力になりましたよ。

なので毎日体重を測るよりも、1週間ごととか体重を計測した方が良いと思います。また必ずその時はメモを取るか、一番手っ取り早いのは、スマホで写真を撮るのが一番証拠として残りやすいです。

最終的には69キロあった体重は以下の様になりました。

体重計63.2キロ、6キロ減少時の体重計写真
約6キロの減少で、すっきりと!

下記の写真は、一番初めに出した写真と同じ時に撮影したものです。

1か月後の体の変化
6キロ体重が落ちると、すっきりとして、体脂肪がなくなると、腹筋が見えてきます。

ダイエット中は栄養補給をしよう

ダイエットする時は、何よりも栄養バランスが重要になります。

糖質をカットしながら、たんぱく質と脂質を上手くコントロールして、体に必要なカロリーと栄養をきちんと補給することが大事です。

良くPFCバランスという言葉がありますが、P=プロテイン(たんぱく質)、F=ファット(脂質)、そしてC=カーボンハイドレイト(炭水化物)です。

バランスはP=25%、F=15%、C=60%がベストバランスですが、ほとんどの方々が、Cの割合が80%以上を占めていて、体に必要な栄養素のPプロテインが足りていないのです。

脂質は体に良い脂質があるので、決して極端に減らすことは必要ありません。

もちろん体に悪い油、脂肪などは極力排除しましょう。先ほども述べましたが、肉についている油は調理前に切り落としたり、焼いた後であれば、ナイフで取り除きましょう。

脂質はできれば魚から取ると一番良いです。

イワシ、サンマ、アジ、サバ、マグロ(トロ)など。

サバは鯖缶がありますが、サバ味噌の缶詰は、余計なものが入っていますので、水煮にしましょう。

また普段使う油は、オリーブオイル、中でもエクストラバージンオイルが一番体に良いです。また油は酸化しますので、何か月も経っているものは使わ内容にしてくださいね。

毎日たんぱく質を必ず取る

そんな毎日なんてたんぱく質取るのに、肉ばっかり買えないし、食べられないよと思いますよね。確かにお肉や魚などのたんぱく質は重要ですが、毎日毎日は家計にも、料理をするにも大変ですね。

そんな時は手軽にたんぱく質が取れるものがあります。それがプロテインです。

マイプロテインのパック。シンプルデザインですが、たんぱく質は1食分20gも入っている優れた食品です。

みんなプロテインと聞くと、筋トレしている人の為の筋肉増強剤のように思われますが(笑)全くそうではなく、たんぱく質のみを凝縮した、栄養食品なのですよ。

またこれもあるあるなんですが、私ムキムキになりたくないから飲みたくない!という人がいますが、プロテイン飲んだだけでは、筋肉付きませんので、ご安心ください(笑)

プロテインは強度の強い筋トレをした際に、傷ついた筋肉を修復するために使われるたんぱく質を効率的に取るものです。なんで飲んだだけでは栄養補給にはなれど、筋肉ムキムキにはなれません。

筋トレをしている自分からしたら、本当なかなかプロテインを取っているのに、ムキムキにならないから、逆になったらいいのにと思っています(笑)

プロテインは筋トレする方も含めて、確かなものを飲みましょう。

日本製と海外製がありますが、日本製だけしか安全じゃないという事はありません。

アメリカ製のプロテインなどは、日本よりも基準が厳しく、さらには日本製のプロテインパウダーよりも純度が高く、たんぱく質の含有量が多い、さらには値段が日本製よりも安いです。安いからと言って粗悪品という事はありません。

MYPROTEIN ホエイプロテイン味も選べます!

日本のプロテインのが価格が高く、含有されているたんぱく質の量が少ないことがほとんどですので、日本の価格は対たんぱく質含有量で考えると、かなりの割だけですので、このマイプロテインは一番のコスパもたんぱく質の含有量も一番のおススメです!

お腹を空かせない食事間隔を保つ

どうしても忙しかったり、食事が取れなかったりするときはあると思います。

朝食を食べそびれたり、昼食を食べそびれたり、どうしても食事を取れない時にどうしても菓子類などスナックやチョコレートなど食べたくなってしまうと思います。

そこはグッとこらえて、間食をするなら、素焼きのアーモンドを食べましょう。

素焼きアーモンドの写真
素焼きアーモンド。塩気のないものを買いましょう。

アーモンドは高カロリーですが、ビタミンEとオレイン酸が多く含まれています。

ビタミンEには活性酵素による抗酸化作用の働きがあり、細胞の酸化を抑制する働きがあります。アンチエージングにも効果があるので、肌つやもよくなり、老化を遅らせることも可能だと言われています。

オレイン酸はアーモンドに入っている脂質の大半を占めています。オレイン酸は不飽和脂肪酸といって、体の中で酸化しない油で、悪玉コレステロールを抑える働きがあります。積極的に取りいれたい良質な油です。

ただし食べ過ぎは注意です。

アーモンドはとても間食に食べるには万能ですが、なんでも食べ過ぎは禁物です。1回食べる量は、手で握れる程度、多くても20粒位にしましょう。

さらに減量をしたい時は筋トレとランニング

食事も糖質の高いものを減らして、さらには踏み台昇降もして、体重が落ちてきて、何となく体も締まってくると、もっと筋肉つけたいな?さらに脂肪を絞っていきたいな?と思ってくるようになります。

私も初めはまさか筋トレにはまっていくなんてと思っていましたが、徐々に体が締まってくると、もっと痩せたい、もっと筋肉つけたいと思ってくるようになります。

そんな時には、踏み台昇降の強度を上げながら、今度はもう少し強度の高いトレーニングをしていきましょう。そんなに難しくはありません、家で簡単にできます!

スクワットをしよう

このブログの途中でも話しましたが、人間の筋肉の70%は下半身についています。なので、下半身を鍛えることは、基礎代謝が上がり、体内の脂肪を燃焼しやすくなる、自然の燃焼機関なのです。

スクワットは下記の動画を見て、同じようにやってみてください。

一日本当に5分でも10分でもやるとかなり違います。モモや、モモの裏、お尻などフル動員で行いますので、多少なりとも筋肉痛は来ます。

毎日続けることで、かなり下半身が引き締まって、おしりもヒップアップされてきますよ。効果的なやり方は下記の動画をご覧ください。

【10分】世界一痩せるスクワット!

効果的な痩せるスクワット

筋トレ後は20分のランニングを

健康的で効果的に痩せるには、糖質を控えながら、踏み台昇降やスクワットのような筋トレをしながら、尚且つランニングをすると、脂肪がどんどんなくなっていきます!

ラニングしている画像
筋トレ後はラニングをしましょう!

ランニングは筋トレなどの無酸素運動都違い有酸素運動となります。

有酸素で体内にある余分な糖質を使い切ると、体はようやく次に体内にあるエネルギーの脂肪を使いだします。

ようやくここで体内に蓄えられた脂肪を使いだすんですね。それまではまずはすぐにエネルギーになる糖質から使っていくんです。体って不思議ですよね。

でもこれもサバイバルの本能で、人間が何も食べるものがなかったとしても、蓄えられた脂肪で生きていくことができるんですね。

本当に極限状態では、太った方が最後まで生き残ることができるんですね(笑)

筋肉をつけたい場合はランニングはマックス20分くらいまで

先ほども話した走り出すと、糖分が残っていれば糖分を先に、その後脂肪が使われていきますが、走る時間が長ければ長いほど、同時に筋肉にあるたんぱく質も分解されていきます。

ですので、分解が促進されすぎない時間は、おおよそ20分位がマックスです。

駅伝の選手やマラソンランナーを想像してもらえれば分かるかと思いますが、みなさんマッチョというよりは、しなやかな細い筋肉がついていると思います。

なので、ある程度筋肉をつけたまま、体重減少を図るのであれば、ランニングは20分くらいで止めましょう。その分筋トレした際は、必ず走るようにするといいです。

最後にまとめ

体重減少を目指すなら、間違いなく運動よりも食事の見直しを図ることが一番の近道になります。

あなたの体は、自身が口にしたものがその現在の体を作っています。

まずは炭水化物を多めに取らない事、また1日3食を必ず食べる事、食べ過ぎない事など、簡単に変えられることからスタートして行きましょう。

その上で家で簡単にできる筋力トレーニングの踏み台昇降やスクワットなど、お金をかけずにできることをチャレンジしていきながら、痩せにくい体から、脂肪が常に燃焼する体に変えていくことが必要です。

基礎代謝を上げて、筋肉もつけば、今度は多少甘いものや1日、2日暴飲暴食しても、それをカバーできるぐらい、体はその筋肉で脂肪燃焼してくれます。

まずは食事改善をめざして、日ごろの食事環境を見直してみてください。

また今後も筋トレのやり方などをアップしていきます。

最後に現在の私は筋トレも継続していますので、以下の体を維持してます!

筋トレ継続後の筋肉
筋肉は裏切りません(笑)

コメント

  1. […] 簡単!誰にでもできる痩せる食事     […]

  2. […] 簡単!誰にでもできる痩せる食事 […]

  3. […] 簡単!誰にでもできる痩せる食事 […]

タイトルとURLをコピーしました